やっぱり賃貸がお得 TOP > INFO > 店舗を賃貸する際の注意点とは?

店舗を賃貸する際の注意点とは?

「何かお店を経営したい」となった時、多くの方が賃貸店舗を探すことになります。
業種によっては賃貸が難しい物件もあるので、よく考慮した上で物件探しをしましょう。

■重要なのは管理している不動産会社
賃貸店舗は不動産会社との契約によって成り立ちますが、店舗の管理をしているのが契約した不動産会社であるとは限りません。
他社の物件を扱っていることもあるので、不具合が出た時にすぐに対応してもらえない可能性があります。
管理をしている不動産会社はどこなのかを明確にし、対応がスムーズな不動産会社であれば契約をしましょう。

■客層のターゲットを明確化
飲食店・美容室・洋品店など、業種によってターゲットが変わります。
地域の住民を相手に商売をするのか、人気のある土地で働いている方を相手に商売をするのかで物件探しが変わります。
どのような客層がいるのかを事前にリサーチしておく必要があるでしょう。

■地域のリサーチ
不動産会社が契約をOKにしていても、騒音やニオイによって近隣から苦情が入るケースもあります。
悪事を働いていないにせよ、場合によっては退去を命じられる可能性もあります。
ご自身の業種が地域になじむものであるか、周辺に似たような業種の店舗があるかどうかのリサーチは必要です。
似たような業種の店舗がある場合は、その地域で商売をしても問題がないかどうかもリサーチしましょう。
ライバルと周辺住民の結びつきが強いと、商売をするのが大変になります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) やっぱり賃貸がお得 All Rights Reserved.