やっぱり賃貸がお得 TOP > INFO > 賃貸物件のエリア探しの方法は?

賃貸物件のエリア探しの方法は?

賃貸物件のエリア探しは、独身と既婚者で選び方が変わってきます。
どのような点に注意すればいいのでしょうか?

■独身者のエリア探し
通学または通勤がしやすい場所に賃貸物件を探したいものです。
都心部から離れることによって家賃を抑えることが可能ですが、私鉄沿線に住む時は最寄りの駅に電車が止まるかどうかは注目しましょう。
なかには各駅しか止まらない駅もあるので、学校や職場に近くても到着までの時間が掛かる可能性があります。
車を交通手段とする場合は、通学・通勤ラッシュ時に道が混まないかどうかを確認しておきましょう。
一車線の道路がメインになっている場所では、必ず渋滞を引き起こします。

意外と見落としてしまうのが、周辺にある病院についてです。
独身者が病気になった場合、助けられるのは自分しかいません。
万が一のことがあった時に、すぐに駆けつけられる病院があることは重要です。
スーパーやコンビニエンスストアのチェックも大切ですが、ひとり暮らしをする時に大切なのは自分を守る手立てがあるかどうかになります。

■既婚者・家族がいる方のエリア探し
新婚であっても、既婚者にはいずれ子どもが生まれる可能性があります。
家族がいる方と同様、「子どもがいる場合」を想定してエリア探しをしてください。
通勤のしやすさを考慮するとともに、子どもを守れる地域であるかどうかをチェックする必要があります。
学校・幼稚園・保育所・児童館などが充実しているかどうか、万が一の場合に子どもをあずけられる無認可保育所があるかどうかをチェックしましょう。

若い方だとあまり重要視しないかもしれませんが、福祉が充実しているエリアであるかもチェックしましょう。
福祉は高齢者だけのものではなく、全ての方にかかわってくるものです。
児童福祉もそうですし、死別や離別をした際に自分自身を救ってくれるのも福祉政策になります。
全ての方が住みやすい町であれば、生活がしやすいと考えてもいいでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) やっぱり賃貸がお得 All Rights Reserved.