やっぱり賃貸がお得 TOP > INFO > 進学によるひとり暮らしで選ぶ賃貸物件の注意点とは?

進学によるひとり暮らしで選ぶ賃貸物件の注意点とは?

専門学校・短大・大学などの進学により、ひとり暮らしを始める方は多いでしょう。
ほとんどの方が親の仕送りによって家賃が支払われているので、学校に通っている間は同じ部屋に住み続けることになります。
どのような点に注意して賃貸物件を探せばよいのでしょうか?

■商店街のある町を狙う
学校の近くで物件を探すのも一つの手ですが、都心部に学校があれば家賃は高くなりますし、自然が豊かな場所にあれば人が歩いていないような場所で賃貸物件を探すことになります。
男性の場合は静かな場所でも問題ないと考えるかもしれませんが、できるだけ人の息吹が感じられる町で生活をした方が安全性が高いです。
特に商店街がある町の場合は、何度もお店を利用することによって顔を覚えてもらえます。
万が一の場合は誰かが気にしてくれる可能性が高いので、商店街のある町を選ぶと生活がしやすいです。

■夜でも安心して歩ける町を狙う
サークル・部活動・アルバイトなどをすると、帰宅が夜の遅い時間帯になることも多くなります。
賃貸物件を探す時は、周辺地域が夜でも安心して歩ける町かどうかもチェックしましょう。
昼と夜の雰囲気がガラッと変わる場所もあります。

■セキュリティをチェック
通常の賃貸物件よりは少し家賃が高くなりますが、セキュリティを重視した賃貸物件を狙うのも一つの手です。
最近は大家の意向で監視カメラをつけていることは多いですし、マンション並みに厳重なセキュリティがついているアパートも増えています。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 新たなライフスタイルや新生活のための物件探しのパートナーとして小田原にある不動産の情報を徹底的に紹介している会社なら、土地からアパート、マンションまで豊富な情報が揃っているので、自分にあった物件を見つけることが出来てオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) やっぱり賃貸がお得 All Rights Reserved.