やっぱり賃貸がお得 TOP > INFO > 住居を選ぶなら賃貸と購入のどちらがいい?

住居を選ぶなら賃貸と購入のどちらがいい?

さまざまなライフスタイルが増えたからか、結婚後も賃貸物件を借り続ける方が多くなりました。
メディアでは賃貸と購入のどちらがお得であるかの比較をされることが多いですが、実際のところは損得で決められるものなのでしょうか?

■お金に換算した場合
10万円の賃貸物件に住んでいる場合と、ひと月に10万円ずつのローンを支払っている場合を考えてみましょう。
同じお金を支払うのであれば、ローンを返済して購入をしてしまった方がお得だと考える方がいます。
しかし、税金の負担を考えると、更新料や共益費を考えても賃貸物件の方が安くなります。

■購入することの意味
賃料と購入費を考えると、長い目で見ても賃貸の方がお得だという考え方になるかもしれません。
しかし、住宅を購入するのは損得ではなく、不動産投資を行っていると考えていいでしょう。
ローンの支払いが終われば資産にもなりますし、地価の変動によっては高く売れる場合もあります。
マンションの場合は劣化が激しくなるので高く売れる可能性は少なくなりますが、「自分の所有物である」という安心感は賃貸では味わえないものです。

「定住が可能な仕事に就いている」「転勤の多い仕事に就いている」「独身なので不動産投資は無駄」など、人によって状況はさまざまです。
どちらが得で損なのかを考えず、自分自身にとってベストな方法を選ぶのが得策でしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) やっぱり賃貸がお得 All Rights Reserved.